小顔に整形の美容コラム

美容コラム

プチ整形で小顔になる!骨を削らず小顔に見せるテクニックとは?

小顔に整形
プチ整形で小顔になる!骨を削らず小顔に見せるテクニックとは?
  1. エラ骨を削らず小顔に!―ボトックス注射
  2. あごのラインをシャープに見せる!―ヒアルロン酸注入
  3. ダブルのテクニックで効果抜群!―ボトックスと輪郭注射の併用
  4. 注射によるプチ整形は、定期的に繰り返す必要がある

世間には顔を引き締める化粧品や矯正器具なども売られていますが、やはり美しい小顔になるなら美容整形に頼るのが確実と言って良いでしょう。
最近の美容整形は手軽な方法がたくさんあり、エステの延長で受ける方もたくさんいらっしゃいます。今回は、骨を削らなくても小顔に見せることができるプチ整形をご紹介します。


|エラ骨を削らず小顔に!―ボトックス注射


美容整形クリニックで小顔を作る方法には、大きく分けて2種類あります。1つは骨を削って輪郭を整える方法、もう1つは骨を削ることなく、顔の筋肉や脂肪に働きかけて引き締める方法です。エラやあごの骨を削って顔の印象をまるっきり変えてしまう手術は受けるのに勇気がいるのはもちろん、費用もかかります。
その点、注射だけで済むプチ整形は痛みが少なく、費用も安く済みます。


特にエラが張っていることを気にしている人にはボトックス注射が人気です。咬筋の緊張を緩め、エラの張りを小さくする方法です。咬筋に直接薬剤を注射するため、施術時間が短く、効果がすぐに表れるのが特徴で、痛みや腫れが引くまでのダウンタイムが短いのも魅力です。
ボトックス注射は、眉間のシワやほうれい線などの表情ジワを目立たなくさせる効果が高いため、アンチエイジングの治療によく使われている薬剤です。筋肉に直接注射をして緊張をほぐす効果を利用している点は、エラを取る治療もシワを目立たなくさせる治療も同じですから、安心して受けられるでしょう。


|あごのラインをシャープに見せる!―ヒアルロン酸注入


あごのラインをシャープに見せる!―ヒアルロン酸注入


あごのラインをシャープに見せることで小顔を作るなら、あごにヒアルロン酸を注入する方法もあります。ヒアルロン酸は頬をふっくらさせたり、シワを目立たなくさせたりする際に使用される薬剤ですが、あごへのヒアルロン酸注入の際は、横から見たときに鼻の頭から唇、あごの先端までを結ぶライン(Eライン)をより直線に近づけるための施術です。


理想的なラインに近づくと、横顔がきれいに見えるのはもちろん、あごが出る分、正面からのフェイスラインも不思議と引き締まって見えるようになります。ヒアルロン酸は元々身体の中にある成分のため、アレルギーなどが起こりにくく安心ですが、身体に吸収されやすいため、徐々に元のあごのラインに戻ってしまうという欠点があります。
そのため、あごのラインが丸くなってきたら、再びヒアルロン酸を注入をする必要があります。


|ダブルのテクニックで効果抜群!―ボトックスと輪郭注射の併用


ダブルのテクニックで効果抜群!―ボトックスと輪郭注射の併用


エラの筋肉の張りを弱めるボトックス注射と、脂肪を燃焼させる効果のある輪郭注射を併用して顔のラインをスッキリさせる方法があります。
ボトックス注射は引き締め効果で小顔に見せる処置ですが、輪郭注射は脂肪を分解させ、血液やリンパの流れをよくするため、実際に顔の脂肪の量が減ります。
そのため、頬やあごに脂肪がついていて、ふっくらした人の場合は、併用すると相乗効果でフェイスラインがよりスッキリと見えるようになるのです。


顔が大きく見えるのはエラやあごなどの骨が出っ張って見えるせいだけではありません。顔の筋肉は普通に生活をする分には激しい運動が必要なく、脂肪が溜まりやすい部位です。また、ついた脂肪をなかなか落とせない部位という特徴もあります。そのため、余分な脂肪を分解して取り除き、顔全体の体積を減らす方法は顔を小さくするのに効果的です。


しかし、ただ脂肪を取り除いただけでは、筋肉が張って出っ張った部分が、より強調されてしまうこともあります。そこで効果的なのがボトックスとのダブルテクニックです。ボトックス注射を併用するのは、出っ張りの部分を抑えて、目立たなくするためです。骨格や顔の脂肪の量に合わせて、ボトックスや輪郭注射を打つ場所、量を変えて行っていきます。
事前に医師に理想のフェイスラインを伝え、しっかり相談できれば、きっと満足のいく仕上がりになるでしょう。


|注射によるプチ整形は、定期的に繰り返す必要がある


注射によるプチ整形は、定期的に繰り返す必要がある!


ボトックスは筋肉の発達を緩め、エラの張り出しを抑えることができますが、その効果は一生続くものではありません。
また、ヒアルロン酸も身体の中にある成分のため、少しずつ吸収されていき、効果は薄れていきます。そのため、一度治療をしたらそれで終わりではありません。定期的に受ける必要があるため、1回の費用が安いとはいえ、維持するためにはそれなりの費用が必要になります。


骨を削る小顔手術は確実に小顔になるものの身体への負担が大きく、予想と異なる結果になっても元に戻すことはできませんが、注射だけで済むプチ整形は気軽に試してみることができる点が魅力的です。顔が大きいことが精神的な苦痛になっているのであれば、小顔に見せるプチ整形にチャレンジして、抱えている苦痛を取り除いてみるのも1つの手でしょう。見た目を少し変えてみるだけで、目の前の世界が大きく変わるかもしれません。


聖心美容クリニックの小顔整形施術一覧へ