豊胸術の美容コラム

美容コラム

こんなに種類があるの?イマドキの最新豊胸事情とは?

豊胸術
こんなに種類があるの?イマドキの最新豊胸事情とは?
  1. イマドキの最新豊胸術とは?豊胸の種類を詳しくご紹介
  2. 脂肪の吸引も注入も、最先端のマシンや技術が大活躍
  3. 今注目を集めている、最新豊胸術、アクアフィリングとは?
  4. 最新の豊胸術をするなら、環境の整った美容クリニックを選ぼう

豊胸というと胸に異物を入れて大きく見せるものだと思っている人も、いるかもしれません。しかし、豊胸技術は年を追うごとに新しくなっています。シリコンバッグの挿入しか方法がなかったのはひと昔もふた昔も前のこと。今や豊胸術の選択肢はたくさんあり、見た目だけでなく、触り心地も本物と見分けがつかないほど技術が進んでいるのです。


そこで、満足のいくバストを作り出す優れた最新豊胸術をご紹介します。


|イマドキの最新豊胸術とは?豊胸の種類を詳しくご紹介


豊胸術というと異物を身体に入れるというイメージが強いかもしれませんが、イマドキの最新豊胸術は自分の身体から採取した脂肪細胞を利用するものが増えています。自分の脂肪を利用することで身体への負担を減らし、異物感もなくなっています。


しかし、単純に採取した脂肪の中には脂肪以外にも水分や血液、死滅細胞などの不純物が含まれているため、そのまま胸へ移植しただけでは胸に脂肪が生着しづらく、バストサイズを維持することができません。また、しこりができてしまうリスクも伴います。


そこで脂肪の生着率を上げ、しこりができるのを防ぐために不純物を取り除くのですが、その際、働きが活発な幹細胞を多く加えると、移植後は胸の脂肪細胞として定着しやすいため、より自然な仕上がりになります。リスクを最大限に減らしたうえで、触り心地も満足のいくように考えられているのがイマドキの最新豊胸術なのです。


もちろん、昔ながらのバッグプロテーゼを挿入する方法も残っています。バッグプロテーゼも進化しており、素材や形に改良が加えられ、より異物感の少ないものになっています。


バッグプロテーゼのサイズや形だけで大きくするのではなく、バッグプロテーゼのボリューム感を活かしながら、自分の脂肪を利用する最新技術と組み合わせることで、自然な柔らかさを保つ方法もあります。数段階のサイズアップも可能になっているのがイマドキのバックプロテーゼによる豊胸術です。


豊胸術の選択肢が増えたことで、どのくらい大きくしたいのか、どんな形にしたいのかという細かいニーズにも応えられるようになっています。イマドキの最新豊胸術は、ただ大きくするのではなく、もっと細部にこだわった理想のバストを作り上げることができるのです。


|脂肪の吸引も注入も、最先端のマシンや技術が大活躍


脂肪の吸引も注入も、最先端のマシンや技術が大活躍


自分の身体から採取した脂肪を利用する豊胸術が増えたことで、豊胸に必要な技術が大きく変わりました。


自分の身体から採取した脂肪を注入する方法は、異物感がないという点ではとても優れた方法なのですが、他の部位から採取した脂肪をしこりにならないように胸に移すのはとても難しいことです。脂肪を吸引するときに血液や水分なども一緒に採取されるため、脂肪以外の不純物が多いほどしこりになりやすく、生着率も低くなってしまうのです。


そこで、しこりができるのを防ぎ、生着率を最大限に高めるために、脂肪から不純物を取り除く技術が必要になります。例えば、ピュアグラフトという特殊な高性能フィルターを使用して、採取した脂肪なら、脂肪に含まれる不純物を20%以下に減らすことができます。


さらに、脂肪から幹細胞を取り出し、活性化させた後、純度を高めた脂肪に戻して一緒に注入することで、しこりの発生を最小限に抑えながら、生着率も70%以上にアップさせるセリューション豊胸術という最先端豊胸術もあります。


このように、脂肪吸引の時点から身体の負担が軽い吸引ができるマシンを使用し、不純物をできるだけ取り除いたうえで、活性化させた幹細胞と共に胸に注入できるような最先端技術を組み合わせられる環境が、理想の豊胸術と言えるでしょう。


そのような豊胸術を行える美容クリニックはまだ日本には数ヶ所しかありませんが、最先端の豊胸術を受けられる環境は選ぼうと思えば選べるというところまで来ているのです。


|今注目を集めている、最新豊胸術、アクアフィリングとは?


今注目を集めている、最新豊胸術、アクアフィリングとは?


もっと手軽に、もっと安全に豊胸をしたい場合、アクアフィリング豊胸術という選択肢もあります。薬剤の注入だけなので手軽に受けることができますが、ヒアルロン酸注入よりも持続性がよく、触り心地も自然という点が優れています。


ヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンとのなじみが悪いため、薬剤と胸の境界に厚みのある膜ができてしまいますが、アクアフィリングはよくなじむため、厚い膜ができず、身体との境目がわからないように仕上がります。


アクアフィリングは98%が水でできており、3~5年の時間をかけてゆっくりと身体に吸収されていきます。残りの成分も身体の中で処理され、最終的には尿として排出されるため、半永久的な豊胸術ではありませんが、身体への負担が少ない点は魅力です。


持続期間が1~2年のヒアルロン酸注入と比べても2倍以上長持ちします。妊娠中や授乳中の安全性も確認されているため、将来的に妊娠や授乳の可能性がある年代の方でも安心して受けられる豊胸術です。


また身体になじみやすいのに、取り出したくなったら容易に溶かすことができるため、大掛かりな豊胸術は受けるのが怖いという人でも比較的チャレンジしやすい豊胸術と言って良いでしょう。


|最新の豊胸術をするなら、環境の整った美容クリニックを選ぼう


最新の豊胸術をするなら、環境の整った美容クリニックを選ぼう


豊胸術は日々進化しています。技術の進歩はこれまでの欠点を補う方向に進んでいるのですから、最新の豊胸術を受けた方が理想的な仕上がりに近づくことは間違いありません。


ただし、最先端の豊胸術は、医師の技術力の高さだけでなく脂肪の採取や精製技術の高さも重要になってきます。最新の豊胸術をするのであれば、吸引から注入まで最高水準で施術できる環境が整った美容クリニックを選ぶようにしましょう。


聖心美容クリニックの豊胸施術一覧へ