目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂の美容コラム

美容コラム

眼瞼下垂の手術を受けるなら美容外科?眼科?

目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂
眼瞼下垂の手術を受けるなら美容外科?眼科?
  1. 眼瞼下垂の症状について
  2. 眼瞼下垂の治療に行くなら美容外科?眼科?
  3. 眼瞼下垂の手術方法について
  4. 眼瞼下垂の手術を受けるなら

「眼瞼下垂(がんけんかすい)」とはまぶたが上がりにくくなる症状のことを言います。まぶたが重く目を開けようとしても開けられなくなってしまうため、いつも眠たそうに見える、目が細くなったように見えてしまうなどの症状が出てきます。


|眼瞼下垂の症状について


まぶたを引き上げるためには「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」と呼ばれる筋肉と、その筋肉を動かす「動眼神経」と呼ばれる神経の働きが必要ですが、そのどちらか、または両方に異常があると眼瞼下垂の症状が起こります。


眼瞼下垂の先天的な原因として最も多いのは眼瞼挙筋の形成不全ですが、後天的要素としては、加齢や眼科手術、脳梗塞といった病気の後遺症、長期間にわたるコンタクトレンズの使用なども考えられます。日本人の近視割合はこの数年でかなり進んでいるため、コンタクトレンズ着用による若者の眼瞼下垂の事例も少なくありません。


眼瞼下垂の症状としては、まぶたが下がってくるなど、目の影響が強いように思われますが、不快な症状はそれだけではありません。ある程度までまぶたが下がってきてしまうと、視野が狭くなってしまって物が見づらくなってしまい、視野を広げるために顔の角度を変えたりしなくてはならなくなります。そのため、車の運転や日常生活にもさまざまな支障が出てきてしまうようになるのです。


また目の筋肉ではなく、額の筋肉を使って無理に目を開けようとするため、額にシワがよりやすくなってしまうので早めに治療を受けるのが望ましいのです。他にも目を酷使するようになるため、首や肩の凝りが出てくることもあります。


|眼瞼下垂の治療に行くなら美容外科?眼科?


眼瞼下垂の治療に行くなら美容外科?眼科?


眼瞼下垂の症状が出ると見た目も気にするようになりますし、視野も狭くなってきてしまいますので、何かと不便です。病院で適切な治療を受けることで、以前のように目がきちんと開くようになります。眼瞼下垂の治療は手術による治療が主流です。また、症状の度合いによって治療方法が変わることもあります。


例えば眼科手術や脳梗塞が原因で眼瞼下垂になってしまった場合は、しばらく経つと症状が落ち着くことがありますので、経過観察措置が取られます。もしも眼瞼下垂の治療を受けるとなった場合、どこの診療科を受診していいのか迷う方もいらっしゃるでしょう。眼瞼下垂の手術や治療は眼科でも美容外科でも受けられます。


しかしながら眼科の場合は、全ての眼科が眼瞼下垂の手術や治療に対応しているとは限りません。手術や治療を行っているかどうかを先に調べた上で、受診する必要があります。もともと眼科の先生は皮膚を切ったり縫ったりといった外科的な手術の経験が少ない場合もあるので、もしも眼科を受診する場合は、眼瞼下垂の症例の多い眼科を受診するようにしましょう。


美容外科医は外科手術の経験も豊富ですし、また仕上りに関しても要望を出せるのが強みです。美容外科での診療や施術は自由診療となり、健康保険が適用されない治療がほとんどなのですが、眼瞼下垂に関しては健康保険を適用しているクリニックや病院もあるようです。(症状によって異なります)


|眼瞼下垂の手術方法について


眼瞼下垂の手術方法について


眼瞼下垂の症状が出てきて手術が必要になってしまった場合、どのような手術を受けるのか気になってくることでしょう。
眼瞼下垂の手術を美容外科で受ける場合は、埋没法と呼ばれる手術法が選択肢の一つにあります。これはプチ整形と呼ばれるメスを使わない二重瞼の手術として、大変ポピュラーな術法として知られています。


まぶたの裏側を糸で止めることで二重のラインを作るのですが、眼瞼下垂の改善にも効果的です。髪の毛よりも細い糸がまぶたを引き上げるのを助けてくれて、眼瞼下垂の症状が緩和されます。先生が患者さんの希望を聞き入れて、仕上りのラインやまぶたの開き具合をよくチェックしてから手術を行いますので、術後の仕上がりの満足度が高いのです。埋没法なら切開をしませんので、腫れや痛みも少ないのが特徴です。


美容外科でも眼科でも受けられる手術法は、切開法になります。美容外科では切開法で一重まぶたを二重まぶたにする手術も行われていますので、医師の経験も豊富です。眼科の場合は、主に機能回復の目的で手術が行われますので、仕上がりが思う通りにならないこともありますが、美容外科での切開法手術なら仕上りのイメージも希望を出すことができるのです。


|眼瞼下垂の手術を受けるなら


眼瞼下垂の手術を受けるなら


眼瞼下垂を放っておくと視野が狭くなるだけでなく、額のシワができやすくなり、機能面でも美容面でも弊害が出てきてしまいますので早めに治療を受けましょう。


治療を受けて機能を回復させることが最も重要ですが、それでも術後の見た目が自分の仕上がりイメージと大きく離れてしまうと、それが今度はコンプレックスにもなり得るのです。美容外科は手術の経験豊富な医師が施術を担当しますし、この機会に自分の目の気になる点を改善してもらうことも可能です。


眼瞼下垂の手術を受けたい場合は、美容外科でも健康保険が適用されるクリニックがありますが、手術方法は切開法に限られています。埋没法での手術を希望する場合は自由診療になってしまいますが、埋没法ならリーズナブルな価格で手術を受けられる美容外科が多いのも事実です。


聖心美容クリニックの目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂施術一覧へ